taichのゲームブロぐ

好きなゲームについて自由に

受けループ初心者がレート2000

ポケモンサンムーンのシングルレーティングでレート2000を達成しました。使用パーティはqrパーティの有名な受けループ構築ですので、詳しい紹介はしないです。

ポケモンsmで自身初のレート2000達成です!

受けループは自身初めての使用でした。受けループは使っててとても楽しいですよ。

ではこれから受けループのどの辺に魅了されたかについて書いていきます。

 

受けループの魅力

  • 選出さえかみ合えば読みあいをしないで勝てる
受けループを使う上で重要な要素は構築力と選出です。受けループにおいて構築力というのは、よく見るポケモンのなかに広い範囲で対応できる力のことを指すとします。構築力は、レート2200いった方のqrパーティを使っていたので申し分ありませんでした。
選出は受けループの場合、対戦相手のポケモンをできるだけ広く対応できるように選出していきます。これは難しいように思えますが、何回も対戦を続けるうちにコツがわかってきます。
選出がかみ合うと試合中じゃんけんのような不確定な読みあいを避けることができ、勝率が安定します。
 
  • サイクル戦が楽しい
受けループの基本戦術は、相手の攻撃を受け続け、ステルスロックやどくのダメージなどでじわじわ相手のポケモンを倒していくことになります。相手のポケモンが物理攻撃が強いポケモンなら、物理耐久が高いポケモンに交換し、相手が特殊攻撃をしてくるなら特殊耐久が高いポケモンを出していくというようにしてサイクルが続けられるように考えて行動します。これは論理的で、とても「ポケモンしている感」になれます。
 
  • レート帯が低い相手にはかなり安定する
実は、レートを上げようと思ったときこの要素はかなり重要だと考えています。その理由は、今作のマッチングシステムなあります。サンムーンでは体感ではありますが、前作と比べ、自分とレートに差がある相手と当たりやすくなっています。自分より上の相手と当たる分にはいいんですが、下の方とあたってしまい試合に負けてしまうと一気に自分のレートが下がります。そうなってしまうとモチベーションも下がってしまい結局いい結果を出せずに終わってしまうこともあります。しかし、ポケモン対戦は読みあいが発生します。これにはある程度実力でカバーできますが、やはり勘に頼るしかない部分もあります。こうした部分が少ないのが受けループのメリットです。
また、受けループは前述のとおりサイクルを永遠と続けることができ対策をしていないと勝ち目がないパーティです。レートが低い相手だと受けループの対策をしていない、あるいはしていても対策通りに動かせないことが多いので安定して勝てます。レートをある程度のラインまであげることに関してはとても向いている構築です。
 
 
  • 普段使わないポケモン、勝ち方で新しい勝ち方を学べる
一般的なパーティでは攻撃力が高いポケモンが重宝されることが多いです。一方受けループではパーティのコンセプト上、耐久が高く回復技があるポケモンが優先して採用されます。攻撃技はあまり使わないので一般のパーティーでは使われない攻撃力が弱いポケモンでも耐久力があれば採用可能です。使ったことのないポケモンを使うのは、新鮮な感じがするし、人が使わないポケモンを使うのが好きな人にもおススメです。
これは、意外にも思うかもしれませんが、受けループが嫌いな人も一度使ってみることが大切です。なぜなら独特な戦術を知ることで、受けループにとってどのような行動が有効かがわかり、対策しやすくなります。敵を知ることが重要なのはポケモンでもあてはまります。
 
 
z技の登場により受けが成立しなくなるといわれていましたが、いまのところ具体例をあげるとしたら厳しいz技はそんなに多くはありません。しっかりとした構築ができれば勝率は安定すると思うので一度も使ったことのない人は使ってみてはいかがでしょう

 

か。使用する際に重要なのは、サイクルをいかにして続けるかを常に考えるということのほかに、受けループが絶対無理な技構成のポケモンもいると割り切ることです。そのようなポケモンに当たってしまった場合は仕方ないと切り替えて、できるだけ多くのパーティーに勝てる構築を目指すべきだと思っています。
qrパーティによって育成しなくても他人の構築を楽しめるのはいいと思います。
来シーズンは自分の構築で2000を目指します。f:id:taicheng:20170516214127p:plain
戦績 176勝132敗
このパーティ以外にも使用したトータルの数字です。
 
 主にポケモンのレートに関する記事をかいています!